弁護士相談のメリット

弁護士返済が滞っている場合は、貸金業者からの督促を受けて辛い思いをしている事も多いでしょう。弁護士に借金の相談をすると、それらの催促を止めることができます。弁護士は任意整理の依頼を受けると、貸金業者へ任意整理手続きの代理人を引き受けた事を通知します。すると和解成立まで返済は中断され、貸金業者は取り立て行為ができなくなります。毎日のように督促を受けていると、かなりのストレスになります。それがなくなるだけでも心に余裕ができ、今後の事を冷静に考えられるようになるでしょう。

借金は家族に内緒で作っている事も多いです。その場合、任意整理も家族に知られず行いたいと思うでしょう。借金が家族に知られる原因の一つは、貸金業者からの電話連絡や郵便物です。弁護士に任意整理を依頼すると連絡窓口となってくれるため、直接連絡くる事がなくなります。依頼時に家族に知られたくない事を伝えておけば、弁護士側も配慮をしてくれます。

借金減額の交渉は、利息制限法に基づく引き直し計算、取引履歴の開示請求が必要です。インターネットでもやり方を調べる事は可能ですが、慣れない人にとっては難しいものです。また実際に交渉の場にこぎつけても、相手に言いくるめられるリスクがあります。弁護士に依頼すればそれら全てを任せる事ができます。気になる弁護士費用については、また次にご説明していきます。