弁護士費用の内訳

任意整理を弁護士に相談する事をためらってしまう理由に、費用の問題があります。借金に苦しんでいるという事は、手元に余分なお金が残っていない事でもあります。弁護士に依頼したくても費用が出せない、という人もいるでしょう。

相談料弁護士に支払う費用の内訳は主に相談料、着手金、報酬金の3種類です。相談料は名前の通り、任意整理を相談する事に対する料金です。着手金は相談が完了し、実際に弁護士が動き出す時に発生する料金です。報酬金はその後の弁護士の働きに対して発生する料金です。

弁護士への相談をためらう理由に相談料の存在がありますが、中には相談料は無料をしている弁護士もいます。着手金の目安は1社につき2万円~5万円、報酬金は一律で数万円と定めている弁護士もいますし、債務減額分の10パーセント程度や、過払い金額分の20パーセント程度など、借入金額によって変動するパターンもあります。

弁護士に料金を訪ねるのは失礼な事ではありませんから、依頼前に必ず見積もりを出してもらいましょう。相談料を取る弁護士の場合は、相談の予約を入れる段階で相談料だけでも聞くようにします。任意整理の見積もりは詳細を聞いた上でないと出せない場合が多いですが、相談料は電話で提示する事が可能な筈です。ここではぐらかす場合は信用できない弁護士の可能性もあるので、他を当たった方がいいかもしれません。