借金を弁護士に相談

2003年に司法書士法が改正され、司法書士に任意整理を依頼する事もできるようになりました。しかし司法書士では扱える金額が少ないなど制限があるため、相談の内容によっては対応できない場合もあります。弁護士にはその制限がありません。

任意整理任意整理を弁護士に依頼するメリットは幾つかあります。一つは、依頼すると即日で貸金業者からの督促が止まる事です。依頼した時点で全ての連絡窓口は弁護士になりますから、貸金業者は直接電話をしたり郵便物を送る事ができなくなります。

二つ目は家族に知られず任意整理を進められる事です。貸金業者から直接連絡くる事がなくなるため、借金を家族に知られるリスクがかなり低くなります。依頼時に弁護士へ事情を話しておけば、弁護士からの連絡も携帯限定にしたり、郵便物を個人名で出すなど配慮をしてくれます。

三つ目は交渉と面倒な手続きを任せられる事です。任意整理は貸金業者と借主で行われる当事者同士の話し合いです。裁判官など第三者を通さないため、交渉力が必要になります。交渉には法律に基く計算や開示情報も必要で、慣れない人にとってはハードルの高い作業です。弁護士に依頼すればこれらを全て任せる事ができますし、今までの経験から高い交渉術も持っています。

気になる弁護士費用ですが、最近は相談だけなら無料で行っている弁護士もいます。有料でも、予約時に訪ねたら教えてもらえます。正式に依頼する場合は相談料に加えて着手金~報酬金が発生しますが、相談時に見積もりを出してもらう事が可能なのでためらわずに確認しましょう。