弁護士費用の内訳

任意整理を弁護士に相談する事をためらってしまう理由に、費用の問題があります。借金に苦しんでいるという事は、手元に余分なお金が残っていない事でもあります。弁護士に依頼したくても費用が出せない、という人もいるでしょう。

相談料弁護士に支払う費用の内訳は主に相談料、着手金、報酬金の3種類です。相談料は名前の通り、任意整理を相談する事に対する料金です。着手金は相談が完了し、実際に弁護士が動き出す時に発生する料金です。報酬金はその後の弁護士の働きに対して発生する料金です。

弁護士への相談をためらう理由に相談料の存在がありますが、中には相談料は無料をしている弁護士もいます。着手金の目安は1社につき2万円~5万円、報酬金は一律で数万円と定めている弁護士もいますし、債務減額分の10パーセント程度や、過払い金額分の20パーセント程度など、借入金額によって変動するパターンもあります。

弁護士に料金を訪ねるのは失礼な事ではありませんから、依頼前に必ず見積もりを出してもらいましょう。相談料を取る弁護士の場合は、相談の予約を入れる段階で相談料だけでも聞くようにします。任意整理の見積もりは詳細を聞いた上でないと出せない場合が多いですが、相談料は電話で提示する事が可能な筈です。ここではぐらかす場合は信用できない弁護士の可能性もあるので、他を当たった方がいいかもしれません。


弁護士相談のメリット

弁護士返済が滞っている場合は、貸金業者からの督促を受けて辛い思いをしている事も多いでしょう。弁護士に借金の相談をすると、それらの催促を止めることができます。弁護士は任意整理の依頼を受けると、貸金業者へ任意整理手続きの代理人を引き受けた事を通知します。すると和解成立まで返済は中断され、貸金業者は取り立て行為ができなくなります。毎日のように督促を受けていると、かなりのストレスになります。それがなくなるだけでも心に余裕ができ、今後の事を冷静に考えられるようになるでしょう。

借金は家族に内緒で作っている事も多いです。その場合、任意整理も家族に知られず行いたいと思うでしょう。借金が家族に知られる原因の一つは、貸金業者からの電話連絡や郵便物です。弁護士に任意整理を依頼すると連絡窓口となってくれるため、直接連絡くる事がなくなります。依頼時に家族に知られたくない事を伝えておけば、弁護士側も配慮をしてくれます。

借金減額の交渉は、利息制限法に基づく引き直し計算、取引履歴の開示請求が必要です。インターネットでもやり方を調べる事は可能ですが、慣れない人にとっては難しいものです。また実際に交渉の場にこぎつけても、相手に言いくるめられるリスクがあります。弁護士に依頼すればそれら全てを任せる事ができます。気になる弁護士費用については、また次にご説明していきます。


借金を弁護士に相談

2003年に司法書士法が改正され、司法書士に任意整理を依頼する事もできるようになりました。しかし司法書士では扱える金額が少ないなど制限があるため、相談の内容によっては対応できない場合もあります。弁護士にはその制限がありません。

任意整理任意整理を弁護士に依頼するメリットは幾つかあります。一つは、依頼すると即日で貸金業者からの督促が止まる事です。依頼した時点で全ての連絡窓口は弁護士になりますから、貸金業者は直接電話をしたり郵便物を送る事ができなくなります。

二つ目は家族に知られず任意整理を進められる事です。貸金業者から直接連絡くる事がなくなるため、借金を家族に知られるリスクがかなり低くなります。依頼時に弁護士へ事情を話しておけば、弁護士からの連絡も携帯限定にしたり、郵便物を個人名で出すなど配慮をしてくれます。

三つ目は交渉と面倒な手続きを任せられる事です。任意整理は貸金業者と借主で行われる当事者同士の話し合いです。裁判官など第三者を通さないため、交渉力が必要になります。交渉には法律に基く計算や開示情報も必要で、慣れない人にとってはハードルの高い作業です。弁護士に依頼すればこれらを全て任せる事ができますし、今までの経験から高い交渉術も持っています。

気になる弁護士費用ですが、最近は相談だけなら無料で行っている弁護士もいます。有料でも、予約時に訪ねたら教えてもらえます。正式に依頼する場合は相談料に加えて着手金~報酬金が発生しますが、相談時に見積もりを出してもらう事が可能なのでためらわずに確認しましょう。